iDeco(イデコ)は老後資金の解決策になるのか?【完全攻略】

資産運用
資産運用
地方公務員
地方公務員

老後2000万円を貯めるにはiDeco(イデコ)がイイって聞いたんだけど、詳しく教えてくれませんか?

本日はこんな質問にお答えします。

この記事を読んでほしい方
  • 老後資金に不安がある
  • 資産運用をしたいと思っている
  • iDeco(イデコ)を始めてみたい

資産形成のために、iDeco(イデコ)をやる方は増えてきました。

今からでも全然遅くありません。

「知らない」「していない」方はこの機会に、検討してください。

スポンサーリンク

iDeco(イデコ)って結局、何?

ラテ
ラテ

iDeco(イデコ)って、一言で言うと何なの?

自分のための「年金」をつくる制度

英語で書くと「individual-type Defined Contribution pension plan」で
個人型確定拠出年金」と言います。


ラテパパ
ラテパパ

「なんだか難しそう」って思われる方もいるかもしれませんが、

たくさんの「メリット」があるので、やる価値アリです。


iDeco(イデコ)の特徴【3つ】

iDeco(イデコ)について、もう少し深く解説すると、次の3つが挙げられます。

iDeco(イデコ)の特徴3つ
  • 自分で掛金を拠出する
  • 自分で運用する
  • 年金受取額は運用成績によって変わる

ラテパパ
ラテパパ

「手作りの自分年金」というイメージでいいかな

公的年金制度の仕組み

あなたは、現在の年金制度を知っていますか?

下の図は、年金制度をわかりやすくした図です。

今回のテーマである、iDeco(イデコ)は3階部分の制度です。

ラテ
ラテ

1階の国民年金、2階の厚生年金があれば十分じゃないの?

年金の受給額
  • 1階の国民年金=約56,000円
  • 2階の厚生年金=約146,000円(1階の国民年金含む)
ラテパパ
ラテパパ

老後安泰といえるほどの年金はないですよね。

これかの高齢社会でもっと減額される可能性あります。

以上のことから、公的年金だけでは老後の生活厳しいです。

自分の年金は、iDeco(イデコ)やつみたてNISAを利用して自分で準備しなければならない時代です。

iDeco(イデコ)のメリット3つ【節税・老後対策】

それでは、実際にiDeco(イデコ)はどんなメリットがあるのか、みていきましょう。

最大のメリットは間違いなく、「節税」になるからです。

具体的には下の3つです。

  1. 掛金が全額所得控除
  2. 運用収益がすべて非課税になる
  3. 退職金や年金として控除が適用

それでは、1つずつ解説していますね。

掛金が全額所得控除【165,6万円の得】 ※シミュレーションの場合

どこの部分が節税のメリットになっているかをわかりやすくするために、

シミュレーションをしながら解説していきますね。

下の図のように、iDeco(イデコ)を利用したとします

シミュレーション結果
金融庁HP

掛金の全額所得控除ですので

投資元本(828万円)×約20%(所得税の10%+住民税の10%)=165.6万円

165,6万円が控除になります。



 

運用収益が非課税【217,2万円の得】 ※シミュレーションの場合

シミュレーション結果から、運用益は約1086万円です。

通常であれば、株式の運用益には、約20%の税金がかかります。

運用収益(1086万円)×約20%=217.2万円

217.2万円が控除となります。


退職金や年金として控除が適用

最後は受け取り時りの節税メリットがあります。

  • 公的年金等控除
  • 退職所得控除

iDeco(イデコ)の隠れたメリット

ラテパパ
ラテパパ

iDeco(イデコ)には他にもメリットがありますよ。

  • 天引きや引き落としにより、着実に積み立てできる
  • 投資可能な商品が厳選されている
  • 転職時にも持ち運び可能

これだけメリットがあるので、やってみる価値はあると思います。

iDeco(イデコ)加入者数No.1SBI証券で口座開設をしてみて、始めてみませんか?

iDeco(イデコ)のデメリット【3つ】

ラテ
ラテ

iDeco(イデコ)がイイのはわかったよ。

何かデメリットはないの?

そうなんです、iDeco(イデコ)にも以下のデメリットがあるんです。

  1. 長期間資金が拘束される
  2. 元本割れリスクがある
  3. 手数料がかかる

それでは一つずつ見ていきましょう

長期間資金が拘束される

原則、60歳以降にしか引き出すことができません。

また、加入期間に応じて、受給開始可能年齢が変わります。

イデコ加入期間受給開始可能年齢
10年以上60歳
8~10年61歳
6~8年62歳
4~6年63歳
2~4年64歳
0~2年65歳

元本割れリスクがある

iDeco(イデコ)では、次の2種類があります。

  • 元本保証【定期預金など】
  • 元本割れリスクあり【投資信託】

「投資信託」を選択すれば、マーケットの情況により、元本割れリスクはあります。

確実に資産が増えるわけではありません。

手数料がかかる

金融機関によって、手数料が変わってきます。

ですので、手数料が安いSBI証券をおすすめします。

iDeco(イデコ)に向いている人、いない人

iDeco(イデコ)に向いている人

  • 老後資金以外のお金を、ある程度準備できている
  • 年収が高く、納めている税金が多い
  • イデコに加入しても、そのほかにも貯金できる

iDeco(イデコ)に向いている職業【会社員、公務員】

  • 給与が安定しており、つみたてを続けらるる
  • 長期間資金が拘束される点も、サラリーマン、公務員には問題になりにくい
  • 転職をしても持ち運び可能

iDeco(イデコ)に向いてない人

  • いざという時のための貯金がない
  • 結婚、教育資金などが準備できていない
  • 収入が少ない

専業主婦(夫)などの所得税、住民税を払っていない場合は、掛金の所得控除は節税にならないので注意してください。

iDeco(イデコ)に加入できる人、掛け金の限度額、職業別の掛金限度額

毎月の最大掛金が違いますので注意してください。

引用:イオン銀行 イデコの掛金拠出限度額
SBI証券[旧イー・トレード証券]

iDeco(イデコ)の始め方【初心者】

iDeco(イデコ)を2ステップで完了です。

  1. 金融機関で口座開設
  2. 購入する運用商品を選ぶ

金融機関で口座開設

まずは、金融機関でイデコ専用の口座を開設する必要があります。
次の3つならどこでもOKです。

  • 証券会社
  • 保険会社
  • 銀行

金融機関によって

加入時、運用期間中の手数料などが違ってくるので注意が必要です。

ラテパパ
ラテパパ

どこで開設するかは非常に重要になってきます。

iDeco(イデコ)加入者数No.1SBI証券で口座開設をしてみて、始めてみませんか?

購入する運用商品を選ぶ

購入する運用商品を選択する

ちなみにSBI証券であれば、次の2つがおすすめです。

  • SBI、全世界株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

おすすめのiDeco(イデコ)の口座【SBI証券】

  • ネット証券口座開設数No.1
  • 運営管理手数料0円
  • 口座解説手数料0円
  • 低コスト、良質な運用商品

SBI証券おすすめ運用商品

  • SBI、全世界株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

SBI、全世界株式インデックスファンド

先進国から新興国まで約50カ国

約8000銘柄が含まれる指数に連動

まとめ【iDeco(イデコ)は老後対策としてあり】

それでは、イデコの特徴を最後にまとめました。

メリット
  • 自分のために年金を積み立てる制度で節税メリット
  • 掛金が全額所得控除
  • 運用収益も控除
  • 受け取る時も税負担を軽減
  • 給与天引きや口座引き落としで、確実に貯蓄できる
  • 月2万円のつみたてでも、5%で運用できれば30年で約2.000万円に化ける可能性あり
デメリット
  • 長期間資金が拘束される
  • 元本割れリスクある
  • 手数料がかかる

以上のことから、iDeco(イデコ)はおすすめですの、興味ある方はやってみてください。

iDeco(イデコ)加入者数No.1SBI証券で口座開設をしてみて、始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました