暗号資産(仮想通貨)の取引所と販売所の違い【損してない?】

暗号資産
暗号資産

ビットコインを買おうと思って口座開設したよ。

「取引所」「販売所」のどちらがいいかな?

本日はこんな質問にお答えします。

この記事の内容
  • 「取引所」と「販売所」っていったい何?
  • 「取引所」と「販売所」のメリット・デメリットは?
スポンサーリンク

取引所と販売所はどう違うの?【初心者向け】

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を売買するところは2つあります。

  • 取引所
  • 販売所

名前も似ていますが、知らなければ損してしまうこともあります。

何がちがうのかを見ていきましょう。

取引所とは?

口座を開設しているユーザー同士が売買を行います。

取引所は「買いたい人」と「売りたい人」のマッチングを行う場所を提供しています。

販売所とは?

ユーザーと販売所の間で取引をする。

「普段の買い物のようなもの」とイメージするとわかりやすいかもしれません。

「取引所」と「販売所」のメリットとデメリットを比較

それでは、2つを比べていきますね

取引所のメリット・デメリット

  • 手数料が安い【コレは重要】
  • マッチングが成立しなければ、取引はできない
  • 「板取引」をする必要があるので、操作が少し難しい。※

板取引とは

「買い板」と「売り板」を合わせて「板」と呼びます

板にはユーザ―の買いたい(売りたい)価格がリアルタイムで表示され、それを見て、ユーザーは価格を決定し、注文を出します。

買いたい価格と売りたい価格がマッチングすれば売買成立。

販売所のメリット・デメリット

  • 初心者でも簡単に買える
  • 「販売所」でしか扱っていないコインがある
  • 手数料が高い【取引所より割高】

以下に書いてあるのがコインチェックで扱っている暗号資産(仮想通貨)です。

「販売所」の方が取り扱いが多いですよね。

コインチェックで取り扱っている暗号資産
取引所で購入できる暗号資産(5種類)
  • BTC(ビットコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • FCT(ファクトム)
  • MONA(モナコイン)
  • PLT(パレットトークン)
販売所で購入できる暗号資産(12種類)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XEM(ネム)
  • LSK(リスク)
  • XML(ステラ)
  • QTUM(クオンタム)
  • BAT(ベーシック・アテンション・トークン)
  • IOST(インターネット・オブ・サービス・トークン)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)

取引所と販売所の手数料の差は?

下の写真は同じ時間に取引所販売所の価格を比べたものです

取引所は希望価格で購入できるかわかりませんが、少し高めに見積もっても

販売所より価格をおさえることができます。

引用:Coincheck

まとめ【結局、どっちで買えばいいの?】

取引所と販売所の違いはなんとなくわかっていただけましたか?

基本的には安く購入できる「取引所」をおすすめします。

初心者の方が初めて購入する場合や「販売所」にしか売っていない通貨もありますので、そのときは「販売所」を利用してください。

タイトルとURLをコピーしました