公務員の副業(兼業)解禁はいつ?【自治体での副業解禁事例】

公務員の副業
公務員の副業
地方公務員
地方公務員

民間企業は副業ができて、公務員は副業禁止なんておかしくない?

公務員の副業解禁はいつされるのかな?

今回はこのようなお悩みを解決します。

この記事の内容
  • 公務員の副業解禁はいつ?
  • 自治体による独自の副業解禁事例
  • 公務員ができる副業


<strong>ラテパパ</strong>
ラテパパ

この記事を書いているラテパパは地方公務員(市役所職員)16年間していました。

現役時代から、何かで副収入を得ることができないかとずっと考えていました。

民間サラリーマンなら
「公務員のくせに…副業なんて….」と思う人はたくさんいるのではないでしょうか?

でも、

公務員もこう思っています。

  • もっと稼ぎたい
  • お金に困らない老後を送りたい
  • お金持ちになりたい etc….
地方公務員
地方公務員

はい、思っています…でも公務員の給料だけでは….

だから、副業解禁したら、バリバリやろうと思ってます。


結論としては

「公務員の副業解禁」は前進はしており、「許可」さえ下りれば、いろんな副業ができます。しかし、許可が下りる可能性が低い副業もあるので、「副業解禁」とは全然言えません。


人生100年時代、あなたの老後の責任なんて誰もとってくれません。

自分の人生は自分でしか守れません。

待っているだけではだめです。

公務員も可能な限りの副業をしていく必要があります。



本記事を読めば、公務員副業の現状が理解でき、今後の対策をとることができます。

スポンサーリンク

公務員副業解禁までの道のり

実は、国家公務員も地方公務員も公益的な副業(兼業)の解禁はされています

でも、「公益的」であり、あなたが期待しているような営利活動ができる副業ではありません。

確かに、休日の土、日にコンビニやガソリンスタンドで働いている公務員なんて見たことないですよね。


ラテパパ
ラテパパ

そうですね。

あなたが期待しているような「副業解禁」はないですよ。

それでは、「副業解禁」の流れを見ていきましょう。

2018年 未来投資戦略2018

2018年の「未来投資戦略2018」には「副業解禁」について、以下の通り、書かれています。

国家公務員については、公益的活動等を行うための兼業に関し、円滑な制度運用を図るための環境整備を進める。

未来投資戦略2018

まずは国家公務員から、副業の環境整備をしていくという考えです。

2019年3月 国家公務員の公益的な副業(兼業)について解禁

2019年3月、「兼業許可基準の見直し」という形で、国家公務員の公益活動等を行うための「副業」は解禁されました。

(1)非営利団体における兼業が可能
(2)報酬額は社会通念上相当と認められる程度を超えない額
(3)兼業時間数が、週8時間以下、1箇月30時間以下、平日3時間以下

公務員の兼業について(概要)平成31年(2019年)3月内閣官房人事局より抜粋

しかし、営利企業については副業ができる範囲から完全に除外されました。

国家公務員
国家公務員

うーん。イマイチですね。

これだけ規制があれば、副業解禁とは言えませんね。

2019年11月 地方公務員の公益的な副業(兼業)について解禁

国家公務員が決まれば、地方公務員も変わっていくのが公務員の世界。

地方公務員の兼業に関して、地方公務員の社会貢献活動に関する兼業について(総務省)が発表されました。

ラテパパ
ラテパパ

あなたが期待しているような、稼げる「副業」が解禁されることは、今のところないですね。

公務員でもできる副業の範囲

現状の副業として認められているのは、以下のとおりです。

  • 営利目的でない副業
  • 公的活動等を行うための副業
  • 自営に該当しない範囲の副業
  • 報酬に該当しない範囲の副業
  • 任命権者の許可を得ている副業

現状では、私財運用と公益性の高いものとなります。

副業解禁(一部)をしている自治体4つ

公務員の副業解禁とは別に、すでに部分的に解禁している地方自治体を4つ紹介します。

  • 兵庫県神戸市
  • 奈良県生駒市
  • 北海道鹿部町
  • 宮崎県新富町

兵庫県神戸市

兵庫県神戸市は、2017年4月から「地域貢献応援制度」がスタートしています。

「地域貢献応援制度」
職員が勤務時間外で、社会性・公益性の高い地域貢献活動をする場合において、市が正当だと認めた場合は報酬を得て、従事することを許可するものです。

自治体通信 ONLINE「働き方改革」を推し進めてめざす神戸市流の「生産性向上革命」より抜粋

この制度を活かした事例がこちら

公務員はもっと副業した方がいい【神戸市職員×NPO法人副理事長】

公務員はもっと副業した方がいい【神戸市職員×NPO法人副理事長】

あなた、副業していますね。神戸市役所でペンを片手に詰め寄る私に、市つなぐ課の秋田大介さん(43)は、日焼け跡の残る顔でほほ笑んだ。「意外かもしれませんが、法律で認められているんですよ」。本業の役職は特命課長だが、副業のNPO法人「須磨ユニバーサルビーチプロジェクト」(SUBP)では副理事長。報酬も堂々と得ている。「副業はお金以上に得るものがある。公務員はもっと副業をした方がいい」。その真意を聞くと-。

-神戸市は副業OK?
以前は実家の農業や相続した不動産の管理などに限られていましたが、2017年にできた「地域貢献応援制度」により、公益性の高い地域団体の業務に有償で就くことができるようになりました。私の活動も制度の一環です。

-活動内容は?
障害のある人も須磨海岸で海水浴を楽しめるよう、車いすのまま砂浜を移動できる特殊なビーチマットを設置しています。水陸両用の車いすも貸し出していて、今夏は400人以上の利用がありました。もちろん勤務時間外の活動ですよ。

-副業は職務専念義務に反しない。
副業は、地域に飛び出して貢献したことの証し。副業での出会いや経験が自分の幅を広げ、本業にもプライベートにも生きています。神戸市のような制度が全国に広がればと思っています。

神戸新聞NEXT

奈良県生駒市

奈良県生駒市は人口約12万人規模の市町村でありながら、「副業解禁」に向けて「地域に飛び出す公務員」を推奨している。

「地域貢献活動を行う職員の営利企業等の従事(副業)の推進」

職員の職務外における地域貢献活動を促進することを目的に、報酬を得て地域貢献活動に従事する場合の許可基準等について定めたもの。対象となる活動は、以下の2つを満たすもの。

  1. 公益性が高く、継続的に行う地域貢献活動であって、報酬を伴うもの。
  2. 市内外の地域の発展、活性化に寄与する活動であること。

この制度を活かした事例がこちら

「本業ができてから副業でしょ」なんて全然ダメ!

ラテパパ
ラテパパ

生駒市長のインタビューに対する考え方が圧倒的に進んでいる。

こんな市長のもとで働ける生駒市職員は幸せすぎますね。

生駒市長がインタビューを受け、「副業」に対して以下のように話されています。

・『地域に飛び出して活動することで、職員が市役所での仕事ではできない経験をしたり新しい知見を得たりすれば大きな成長になりる。』

『お金を自分で稼ぐ経験を職員も持っておいた方がいい。』

・『上司が「本業ができてから副業でしょ」「副業? お前なにやってんねん」っていう雰囲気・ニュアンスで言っちゃうのは管理職として全然ダメ』

・『「公務員×民間」とか「公務員×NPO」とか「公務員×個人事業主」とか色々あると思います。そういう働き方を止める理由はない。』

・『ただ公務員の働き方で確実に言えるのは、終身雇用とか年功序列とか、副業はダメだとか、社会の動きを考えたら、これまでのそんな常識が残っていくはずないということです。』

2枚目の名刺Webマガジン 生駒市・小柴市長インタビュー

北海道鹿部町

北海道鹿部町は人口約3,700人(R4.7)の小さな町。

【鹿部】町は11月中に、職員の副業を条件付きで解禁すると明らかにした。職員は申請後に許可が得られれば副業が可能となり、町の課題である人手不足の解消につなげていく。

地方公務員法では、副業は原則禁止とされているが、市町村長の許可があれば可能となっている。すでに兵庫県神戸市や奈良県生駒市などでは副業の制度を導入している。

町は導入済みの自治体を参考にしながら「公共性が高いもの」や「町の発展、活性化につながる活動」といった許可基準を設定。スポーツ少年団の監督や指導者、有償ボランティア活動、水産加工業、ホタテ・コンブ漁の手伝いなどを想定している。活動は勤務時間外で、報酬も許容範囲内とする。

盛田昌彦町長は「町外の職員も多いので、基準を明確化した上で、地元の基幹産業などに積極的に参加してもらいたい。職員のスキルアップにつなげていき、今後の事業に役立てていければ」と話している。

eHAKODATE.com

宮崎県新富町

宮崎県にある、人口1万6千人ほど(R4.5月現在)の町が先進的な活動をしています。

次の条件に副収入を認める

  • 勤務時間外
  • 地域に貢献する活動

実際に「神楽の舞い手」「少年スポーツや中学校の部活コーチ」を届けて出た職員もいるとのこと。

ラテパパ
ラテパパ

これから、地方の人口はかなり減ってくるので、地域貢献での収入は増えてきそうですね。

公務員ができる副業4選

それではここからは公務員の方へおすすめの副業・稼ぎ方4つ紹介します。

  1. 公務員の仮想通貨ビットコイン
  2. 公務員のFX
  3. 公務員の不動産経営【駐車場経営】
  4. 公務員のブログ運営

こちらの記事で、分かりやすく解説していますので、ご覧ください。

まとめ

以上のとおり、公務員の副業解禁については前進してはいます。

しかし、あなたが求めているのは「もっと稼げる副業」ではないですか?

残念ながら、そこまでの副業解禁はかなり難しいと思います。


今後、日本もアメリカのようにフリーランス人口は増えてきて、一般企業では副業が当たり前の時代になるでしょう。

公務員という安定した職業は捨てる必要はありません。

その安定した地位でこそ、やれる副業を探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました