【2023年度版】公務員の年末年始休暇はいつ?正月休みの過ごし方も紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

公務員×アレコレ
公務員×アレコレ

公務員の年末年始休暇は、毎年12月29日から1月3日までの6日間ですが、土日や祝日との重なりによって、最大9連休になることもあります。あなたは、この貴重な長期休暇をどのように過ごしますか?

年末年始は、家族や友人との時間を大切にしたり、趣味やレジャーを楽しんだり、旅行や帰省をしたりする人も多いでしょう。しかし、予算の都合などで、自宅で過ごすことになる人も少なくないかもしれません。

そこで公務員の年末年始休暇についてと、年末年始の過ごし方について解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

【2023年度版】公務員の年末年始休暇は何日?仕事納めと仕事始めは?

公務員の年末年始休暇の期間について詳しく見ていきましょう。

公務員の年末年始休暇は、他の休暇制度同様、法律や自治体の条例で取得できるタイミングや期間が定められています。具体的には、毎年12月29日から1月3日までの6日間が休暇期間として確定されています。

国家公務員においては、「行政機関の休日に関する法律」によって年末年始休暇が定められており、地方公務員については各自治体がこの法律に基づいて年末年始休暇の期間を条例で設定しています。

具体的に法律の一部を引用すると、次のようになっています。

(行政機関の休日)
第一条 次の各号に掲げる日は、行政機関の休日とし、行政機関の執務は、原則として行わないものとする。

一 日曜日及び土曜日
二 国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日
三 十二月二十九日から翌年の一月三日までの日(前号に掲げる日を除く。)

引用元:行政機関の休日に関する法律

この法律に基づき、年末年始休暇の期間が確定しています。ただし、休暇期間中に土日が被っても、休みの日が代わりに延びるわけではないため、注意が必要です。

2023年度の公務員の年末年始休暇は、12月29日から1月3日の6日間が年末年始休暇となります。これにより、お正月や年末の予定を計画する方々にとって、休暇期間を把握して安心して過ごせることでしょう。

公務員の年末年始休暇は最大9連休になることも!?休みの取り方のコツとおすすめの過ごし方

年末年始休暇が12月29日~1月3日までの6日間とお伝えしましたが、中には海外旅行などを考えていて6日間では短いと感じている人もいますよね。

そのように考えている方は、年末年始休暇の前後で有給休暇を取得して、長めの休みを取れる場合があります。

職場にもよりますが、有給消化率を上げるために、公務員は年末年始やゴールデンウィークなどの長い休みの前後に有給休暇を取るという暗黙のルールがあります。

最低限仕事が回るように調整して、長期休暇の前後で有給をとっていくので、どうしても長期休暇の前後のうちで決まった日を休みたいということであれば、事前に仕事を任せられる同僚に相談しておくのも手ですね。

年末年始休暇に限らず長い休みの前後に有給休暇を使うことは問題ありませんので、係内であらかじめ相談しておき、休みを取りやすい環境を作っておきましょう。

公務員が年末年始休暇中に始める3つのこと?

ここでは、長期休暇におけるおすすめのやるべきことは以下の3つです。

  1. ポイ活
  2. 資格取得
  3. 副業

それぞれ解説していきますね。

ポイ活

>>公務員でも3200円稼げるポイ活のコツ

資格取得

>>公務員が働きながら取れるおすすめ資格6選

副業

>>公務員バレてもOK!おすすめ副業7選

タイトルとURLをコピーしました