30代、40代で公務員を辞めたいと思った時にやること【副業で脱出準備】

公務員の副業
公務員の副業

公務員を辞めようか迷っています。家族もいるし、『公務員を辞める』って言ったら周りから反対されそう。30代って転職も難しいんじゃないかな。なんだかんだ言って、公務員は安定しているし…


周りから見たら、『公務員を辞めるなんてもったいない』って思われています。

特に家族が居て、30代40代ならなおさら…

本記事では、「公務員を辞めるリスク」「辞める前にすること」を詳しく書いていきます。

『公務員を辞めたい』と思っているけど、迷っている方は必見です。


結論を言うと

30代40代のあなたは、公務員を簡単に辞めてはいけません。」


果たして、民間企業であればあなたがやりたいことはできるのでしょうか?そもそも、本当にやりたいことがあるのならば、公務員なんてすぐに辞めてしまっているはず。


でも、「イヤな仕事を我慢して、人生を過ごしてください。」と言っているわけではありません。


『公務員で居ながら、次の道を探す』のです。


公務員でも、まだまだやれることはあります。

ぜひ最後まで読んで、辞めるという『最終選択』をする前に『脱出準備』を始めて下さい。


スポンサーリンク

公務員の実態【辞めたい人、実際に辞める人はどれくらい?】

公務員って世間体はいいし、クビになることもほとんどない。

それなのに『辞めたい』って思っているの…私だけ?


ラテパパ
ラテパパ

あなただけではないです。

公務員が仕事についてどのように考えているのか、アンケートがあります。


公務員は「終身雇用で、定年退職以外で辞める人はいない。」

そんなイメージがあるかもしれませんが、最近は若年層を中心に、自己都合で辞めるもいます。

国家公務員を対象にした『勤務継続意向』の調査結果によると、次のように回答した人は合わせて5.5%

  • すでに辞める準備中
  • 1年以内に辞めたい
  • 3年程度のうちに辞めたい

その中で、辞めたい理由は大きく次の2つ

  • 長時間労働等で仕事と家庭の両立が難しい
  • もっと自己成長できる魅力的な仕事につきたい

では、実際の退職者(自己都合)の割合は

  • 公 務 員 →約1.3%
  • 民間企業→約8%


ラテパパ
ラテパパ

この結果からも、公務員の離職率は低いということは間違いなさそうです。

公務員を辞める3つのデメリット

ここでは、公務員を辞めることのデメリットを考えていきたいと思います。

公務員ほど安定している仕事はない

ラテパパ
ラテパパ

なぜ「公務員が安定している。」と言われるのかをまとめてみました。

  • 自分で辞めたり、犯罪をしなければクビにならない
  • 住宅ローン審査が100%通る
  • 年功序列の昇給で人生設計が立てやすい
  • 結果を残さなくても、給料に関係ない

改めて考えても、公務員は抜群の安定性があります。

家族や周囲の反対を押し切れるか?

公務員を辞めるための一番の難関は、「家族の反対」です。

「公務員は安定している」というイメージが強いので、「退職することはもったいない」と思われます。

家族であれば、「辞めない方がイイ」と言うのは当然です。

家族を納得させるには以下のような方法があります

  • 現在よりも給料の良い仕事を見つける
  • 副業をして、稼げることを証明する

いずれにせよ、見切り発車で退職すると家族が路頭に迷うことになります。

あなたが20代であれば、「勢い」で辞めるのも選択肢の一つですね。

転職先を見つけれるか?

あなたは公務員として働いていて、他にアピールできるような仕事経験ありますか?

公務員といえば、事務仕事が多く、ほとんどはWordやExcel。それくらいしかできないなら、新卒大学生を採用した方がいいですよね。

また、30代40代であれば年収600万円~700万円はあると思います。中途採用で、そのくらいの年収の求人はなかなかないですよ。特に地方在住の方は…

公務員で居続けることの2つのリスク

辞めることがリスクなら、このまま公務員として適当に仕事していればいいの?


ラテパパ
ラテパパ

昔の公務員なら、退職金はたくさんもらえるし、共済年金で優遇されるし、問題ありませんでした。でも、今は違います。ここでは、公務員として居続けるリスクを理解してください。


公務員で居続けることのリスクを2つ紹介します。

  • スキルがない【転職市場での価値がない】
  • 公務員の給与は右肩下がり

それでは一つずつ解説していきますね。

スキルがない【転職市場での価値がない】

あなたは公務員という経験の中で、何か専門的なスキルを獲得できましたか?

これがYESであれば、転職市場での価値はありますが、事務系仕事が多い公務員に専門的なスキルは獲得できていないことが多いです。

ラテパパ
ラテパパ

企業は、何もスキルがない公務員より、ポテンシャルがある新卒大学生を採用するのが普通です。

実際に転職サイトを見てみると、中途採用の求人欄には「〇〇における業務経験5年以上」などです。その中で公務員が応募できるのは「未経験歓迎」という求人のみです。

転職活動をやってみるとわかりますが、

「公務員という職歴は転職市場において、ほぼ無価値」です。


どれだけの価値があるので、診断をしたい方は、以下のリンクを参考にしてください

公務員の給与は右肩下がり

総務省「令和3年地方公務員給与実態調査」によると、公務員の給与は年々減少しています。


上のように、公務員の給与は人事院勧告によって決められています。

これからも、景気が悪くなったり、社会情勢不安などで給料は下がり続けます。今の日本では、公務員の給料は現状維持がいいところ、給料が上がることは考えづらいです。

公務員退職金の推移

ここでは、退職金について見ていきますね。

地方公務員(一般行政職)定年退職者の退職金平均額の推移は以下の通りです。

60歳定年退職者の平均支給額
令和2年度21,392千円
平成31年度21,262千円
平成30年度20,816千円
平成29年度21,389千円
平成28年度21,675千円
平成27年度22,198千円
平成26年度22,809千円
平成25年度23,602千円
平成24年度24,368千円
総務省 地方公務員給与実態調査

8年間で約300万円の下落です。また、今後も一般会社員との格差是正や法改正の影響で、退職金が徐々に減少していく可能性が大いにあるでしょう。

現在の20代・30代が定年退職を迎える頃の退職金は約1,000万円くらいになるのでは。


公務員からの脱出順序【2ステップ】

ここからが本題です。

次の順序で公務員脱出をやりましょう。

  1. 副業をして、稼ぐ力をつける
  2. 早期退職募集制度を利用して、辞める

自分で稼ぐ力をつける【副業】

公務員をいきなり辞めることはリスクが大きいことは、これまでに解説してきました。

自分で稼ぐ力をつけることで次のようなことが実現できます。

  • 月5万でも収入があれば、今後の選択肢が増える
  • 稼ぐことの難しさがわかる

でも、公務員は副業禁止って言われているよね?

副業禁止と言われますが、それでもやれることはたくさんあります。

詳細は以下のブログを参考にしてください。

早期退職募集制度(勧奨退職)で辞める

早期退職募集制度ってなんなの?

早期退職制度とは

職員の年齢別構成の適正化を通じた組織活力の維持等を目的として、45歳以上(定年が60歳の場合)の職員を対象に、透明性の確保された早期退職募集制度を創設。

引用:内閣人事局国家公務員制度https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/


要するに、定年退職よりも早く退職することによって、少し多くの退職金をもらえることですね。


早期退職制度を使って辞める人は少ない

上のように、データで見ると早期退職制度を使って辞める人は少ないけど、30代40代まで我慢してきたのであれば、早期退職制度が使える年齢まで頑張るべきです。

ラテパパ
ラテパパ

そうすることで、退職金が全然変わってきます。

まとめ

公務員を辞める時も、辞めるリスクを十分に理解してから辞めてください。

そして、辞める時のポイントは次のとおり

  • 自分で稼ぐ力をつける
  • 早期退職募集制度を利用する


考え抜いた末の答えなら、公務員を辞めるという選択も悪くはないです。

しかし、公務員ほど楽な仕事はないですし、公務員には転職市場の価値もありません。

安易に辞める選択をせずに、公務員を続けながらもできることを探してください。

タイトルとURLをコピーしました