公務員から転職は厳しい?【メリット・デメリット】

公務員の転職・退職
公務員の転職・退職

「公務員から転職するどうか」を迷っています。家族もいるし、周りから反対されそう。

本当にこのまま転職していいのかな。なんだかんだ言っても、公務員は安定しているし…

本記事の内容
  • 公務員から転職するメリット・デメリット
  • 公務員から転職する前にやること
  • 後悔しない転職活動を行う注意点

周りから見たら、『公務員を辞めるなんてもったいない』って思われています。

扶養家族がいるのであれば、なおさらですよね…

本記事では、「公務員から転職するリスク」「転職活動を行う注意点」を詳しく解説します。

『公務員から転職したい』と思っているけど、『後悔しないか不安』と思っている方は必見です。


結論を言うと、

あなたが20代で、扶養家族がいなければ、「公務員からの転職」もOKです

あなたが30代以降であれば公務員を簡単に辞めてはいけません。


公務員から転職したら、あなたがやりたいことはできるのでしょうか?そもそも、本当にやりたいことがあるのならば、公務員なんてすぐに辞めてしまっているはず。

でも、「イヤな仕事を我慢して、人生を過ごしてください。」と言っているわけではありません。

ぜひ最後まで読んで、辞めるという『最終選択』を冷静に判断してください。

スポンサーリンク

公務員は安泰?【公務員の3つのリスク】

「公務員は安泰」

こんな言葉を一度は耳にしたことはあるでしょう。しかし、本当に「公務員は安泰」なのでしょうか?

ここでは、公務員で居続けることのリスクを3つ紹介します。

  • 公務員の給与は減少傾向
  • 公務員の退職者は増加している
  • スキルが身につかない

公務の給与は減少傾向

総務省の令和3年度地方公務員給与の実態によると、地方公務員の平均基本給与月額は359,895円、賞与を除く年収は約431万円となります。

下の表を見てもらえればわかるように、公務員の給与は年々減少しています


公務員の給与は人事院勧告によって決められています。

景気が悪くなったり、社会情勢不安などで給料は下がり続けます。今の日本では、公務員の給料は現状維持がいいところ、給料が上がることは考えづらいですね。

公務員だけ給料上げたら、国民の反発すごいもんね。

給与だけではなく、退職金も年々減少しています。

公務員退職金の推移

地方公務員(一般行政職)定年退職者の退職金平均額の推移は以下の通りです。

60歳定年退職者の平均支給額
令和2年度21,392千円
平成31年度21,262千円
平成30年度20,816千円
平成29年度21,389千円
平成28年度21,675千円
平成27年度22,198千円
平成26年度22,809千円
平成25年度23,602千円
平成24年度24,368千円
総務省 地方公務員給与実態調査

8年間で約300万円の下落で

今後も一般会社員との格差是正や法改正の影響で、退職金が徐々に減少していく可能性があります。

ラテパパ
ラテパパ

現在の20代・30代が定年退職を迎える頃の退職金は約1,000万円くらいになるのではないでしょうか。

公務員の退職者は増加している

公務員は「終身雇用で、定年退職以外で辞める人はいない。」

そんなイメージがあるかもしれませんが、最近は若年層を中心に、自己都合で辞める人もいます。

内閣府の調査によると、20代で自己都合退職をした国家公務員総合職は、2013年度は21人であったが、2019年度は87人で4倍以上に増えているとのこと。

国家公務員自己都合退職者数の推移
年度2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年
人数21人31人34人41人38人64人87人
引用元:危機に直面する霞が関-衆議院議員 河野太郎公式サイト

以下の表は退職理由をまとめています。

20代の国家公務員の退職理由
理由男性女性
自己成長できる仕事をしたい49%44%
長時間労働等で仕事と家庭の両立が難しい34%47%
収入が少ないから40%28%
今後キャリアアップできる展望がない33%23%
引用元:危機に直面する霞が関-衆議院議員 河野太郎公式サイト
ラテパパ
ラテパパ

昔であれば、公務員は一生安泰でした。現在では、

「公務員という仕事の魅力は減ってきている。」というのが実態です。

スキルがない【転職市場での価値がない】

あなたは公務員という経験の中で、何か専門的なスキルを獲得できましたか?

これがYESであれば、転職市場での価値はあります。

しかし、事務系仕事が多い公務員に、専門的なスキルは獲得できていないことが多いです。

企業側からすると、何もスキルがない公務員より、ポテンシャルがある新卒大学生を採用するのが普通ですよね。

実際に転職サイトを見てみると、中途採用の求人欄には「〇〇における業務経験5年以上」などです。その中で公務員が応募できるのは「未経験歓迎」という求人のみです。

転職活動をやってみるとわかりますが、

「公務員という職歴は転職市場において、ほぼ無価値」です。


どれだけの価値があるので、診断をしたい方は、以下のリンクを参考にしてください

公務員から転職するメリット4選

公務員から転職するメリットは以下の4つです。

  • 公務員の年功序列制度から抜け出せる
  • 合法的に副業ができる
  • 面倒な意思決定プロセスからの解放
  • プライベートでビクビクしなくてよい

公務員の年功序列制度から抜け出せる

公務員はどれだけ努力しても、基本的には年功序列で給料が決まります。

公務員にも「人事評価制度」がありますが、公務員という仕事上、「業績」「成績」というものがないので、評価しづらいというのが現状です。

努力しない人にとっては、最高の職場ですが、頑張る人はストレスを抱えるだけです。

しかし、成果主義がとられている民間企業であれば、努力した分だけ、自分の給与に反映されます。

合法的に副業ができる

当ブログの記事「公務員の副業がバレる理由3つ!バレない方法ある?」に書いてある通り、公務員の副業は法律で制限されています。

民間企業であっても、必ずしも副業がOKではありません。

しかし、社会全体の流れとして「副業解禁」の動きがあるので、民間企業であれば、以前よりも副業しやすい状況になっているのは事実です。

面倒な意思決定プロセスからの解放

公務員が「何か」をしようとすると、係長→課長→部長の順に「OK」をもらわなければなりません。もし、修正があったり、上司との予定が合わなければ、1週間程度かかることは多々あります。

文章に修正があれば、また係長に戻ります。

大企業であれば、このようなことはあるかもしれませんが、公務員の仕事のスピード感はピカイチで遅いです。

プライベートでビクビクしなくてよい

公務員時代、近所の方に公務員であることを話すと、多くの場合、「嫉妬」「偏見」を持たれることが多いです。

特に、新型コロナウイルスなどでの景気後退時期は、「公務員だからいいよね」といったこともよく言われました。

ラテパパ
ラテパパ

どこに行っても、「〇〇市役所で働いている〇〇さん」と言われて、自分の行動が監視されている気分です。

公務員から転職するデメリット3選

ここでは、公務員を辞めるデメリットを紹介します。

  • 公務員ほど安定している仕事はない
  • 家族や周囲の反対を押し切れるか
  • 転職先を見つけれるか

公務員ほど安定している仕事はない

これまで、公務員のリスクなどを解説してきましたが、それでも民間企業のサラリーマンよりも格段に安定しています。具体的には以下の通りです。

  • 自分で辞めたり、犯罪をしなければクビにならない
  • 住宅ローン審査が100%通る
  • 年功序列の昇給で人生設計が立てやすい
  • 結果を残さなくても、給料に関係ない

改めて考えても、公務員は抜群の安定性があります。

家族や周囲の反対を押し切れるか?

公務員を辞めるための一番の難関は、「家族の反対」です。

「公務員は安定している」というイメージが強いので、「退職することはもったいない」と思われます。

家族であれば、「辞めない方がイイ」と言うのは当然です。

いきなり辞めてしまうのは、絶対にいけません。必ず家族を納得させてから辞めてください。

家族を納得させるには以下のような方法があります

  • 現在よりも給料の良い仕事を見つける
  • 副業をして、稼げることを証明する

いずれにせよ、見切り発車で退職すると家族が路頭に迷うことになります。

あなたが20代であれば、「勢い」で辞めるのも選択肢の一つですが、まずは「副業」などで最低限の収入を確保することです。

公務員からの転職先を見つけれるか?

あなたは公務員として働いていて、他にアピールできるような仕事経験ありますか?

公務員といえば、事務仕事が多く、ほとんどはWordExcel。それくらいしかできないなら、新卒大学生を採用した方がいいですよね。

また、30代40代であれば年収600万円~700万円はあると思います。中途採用で、そのくらいの年収の求人はありません。

一度、転職サイトに登録してみて、どのような仕事をやりたいかを探してみてください。

公務員から転職する前にやっておくこと

ここからは、公務員を辞める前にやっておくことを解説します。

次の順序で公務員脱出をやりましょう。

  1. 副業をして、稼ぐ力をつける
  2. 早期退職募集制度を利用して、辞める

自分で稼ぐ力をつける【副業】

公務員をいきなり辞めることはリスクが大きいことは、これまでに解説してきました。

自分で稼ぐ力をつけることで次のようなことが実現できます。

  • 月5万でも収入があれば、今後の選択肢が増える
  • 稼ぐ力は、自分のスキルになる【転職に有利】
  • 稼ぐことの難しさがわかる

でも、公務員は副業禁止って言われているよね?

副業禁止と言われますが、それでもやれることはたくさんあります。

詳細は以下のブログを参考にしてください。

早期退職募集制度(勧奨退職)で辞める

早期退職募集制度ってなんなの?

早期退職制度とは

職員の年齢別構成の適正化を通じた組織活力の維持等を目的として、45歳以上(定年が60歳の場合)の職員を対象に、透明性の確保された早期退職募集制度を創設。

引用:内閣人事局国家公務員制度https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/

要するに、定年退職よりも早く退職することによって、多くの退職金をもらえることですね。

自己都合退職よりも、勧奨退職の方が圧倒的に多くの退職金がもらえます。30代後半から40代前半の方は、ご自身のお勤めの地方公共団体で確認してみてください。

ラテパパ
ラテパパ

そうすることで、退職金が全然変わってきます。

転職活動を行う4つの注意点

Precautions

転職活動をするにも注意点があります。

  • 転職エージェントに登録する
  • 公務員より良い勤務条件は難しい
  • 公務員には失業保険がない
  • 年度末に退職する

転職先があるかどうか、転職エージェントに登録する

転職活動は退職してから始めるのでは遅いです

まずは退職前に「転職エージェント」に登録して、求人情報を見てください。

>>【無料】マイナビエージェントはこちら

実際に登録して、転職情報を見てみると

  • 現在の自分の市場価値
  • 公務員から転職できる仕事の種類

具体的な情報に触れることで、自分の市場価値、魅力的な転職先があるかどうかが分かります。

ラテパパ
ラテパパ

実際に見て、公務員が一番と思ったら、公務員を続ければいいですよ。

公務員より良い勤務条件は難しい

公務員からの転職の場合、「未経験可」の企業を探すことになります。

そうすると、現在の条件よりも勤務条件の良い企業はなかなかありません。

その理由として、「公務員で得るスキルは転職市場での価値がない」ということが挙げられます。

転職後に、結果を出して給料上げるしかないね。

公務員には失業保険がない

公務員は失業のリスクが少ないため雇用保険法第6条で雇用保険の対象外なので、失業手当がありません。

えっ、退職後の生活が不安…

その代わりに「退職手当」があります。以下を参考に算定されます。

  • 退職前の給与
  • 勤続年数
  • 退職理由(自己都合、定年退職など)

勤続年数が短いと退職手当の支給額の方が、失業保険より少ない場合があります。

その場合、ハローワークで手続きをすれば、差額を受け取れる可能性もあります。

年度末に退職する

公務員の採用は基本的には年に1回です。そうなれば、年度途中に欠員があっても補充することはできません。

欠員分の仕事は、残っている人に回ってきます。

なるべくならば、円満退職をするために、年度末での退職を心がけてください。

まとめ【公務員から転職しないという選択】

今回は、公務員から転職するメリット・デメリットを解説してきました。安易に公務員を辞めてしまうと、人生設計がメチャクチャになってしまいます。

そうならないためにも、民間企業にいきなり転職するのではなく、「自分で稼げるスキル」をつけてください。そして、その「お金を稼ぐスキル」は転職活動で、有利になってきます。

  1. 自分で稼ぐ力をつける副業
  2. 稼ぐスキルを活かして、転職する

最後になりますが、

公務員に採用されるには、相当な努力をされたかと思われます。簡単に「辞める」という選択はしないでください。

タイトルとURLをコピーしました